カーリースとは?その仕組みを理解しておこう

カーリースとは マイカーリース カーリースのメリットとデメリット

個人で新車を所有する最も簡単な方法として、最近注目されているのがカーリースです。

 

例えば、5年間で契約するのであれば、5年後に、借りた車がどのくらいの中古車価値があるか予測し、それを【残価】という形で新車価格から差し引き、差し引かれた額をローンで均等に支払っていく、というものです。

 

 

 

 

200万円の車だとすると、5年後に50万円の中古価格になるだろうと予測し、差し引かれた額の150万円を分割ローンで払っていくわけです。

 

その分割ローンには、5年分の車検代や自動車重量税など、諸々の諸経費が全て含まれているため、月々均等額を払うだけで済むというわけです。

 

 

カーリースは、車を購入するのではありません。
軽自動車なら、月々一万円ちょっとで”契約期間中は車を借り続ける”というシステムです。

 

 

このシステムには、メリットとデメリットがあり、個人で車を借りるのであれば、システムの趣旨を十分に理解しておく必要があります。


カーリースのメリットについて

カーリース メリット

月々一万円で車を借りられるカーリースの最大のメリットは、

 

毎月の支払いが均等で済む

 

という事でしょう。

 

 

 

 

 

車をディーラーや中古車店から購入する場合だと、車検の費用や毎年の自動車重量税、タイヤやバッテリーなどの消耗品などは全てあなたの自腹です。

 

しかしカーリースの場合は、それらを全て合算して分割ローンとするため、あなたの払う額は「月々一万円強+ガソリン代」となります。

 

 

 

 

 

あなたが、アルバイト・パートだったり、派遣社員だったりした場合、会社からのボーナスなどは基本、ないと思われます。

 

そうなると、車検などの大きな金額が必要な月の支払いがつらくなっちゃいますよね?

 

カーリースなら、それらも全て合算されて分割ローンになっているので、車検や税金など通常は大きな出費がかさむ時期を全く気にすることなく、何年にもわたって毎月一定額を払い続ければ良いのです。

 

カーリース アルバイト

 

 

 

ただ、月々一万円というのは軽自動車の中でも最も安いクラスなので、普通車や高級車などをリースする場合は毎月の金額はもっと上がりますよ。

 

ちなみに法人の場合、カーリースはメリットばかり。
なぜなら、リース料金が全て「経費」として計上できるからです。

 

会社の営業車などは購入して減価償却するのではなく、カーリースのほうがかなりお得になるため、会社の規模が大きくなるほどカーリース利用率は高くなっています。


カーリースのデメリットは?

カーリース デメリット

月々一万円で車を借りる・・・個人で借りる場合、最大のデメリットは

 

支払金額の総額が高くつく

 

という事です。

 

 

 

 

車検代・税金など、初めに必要経費までひっくるめてローンを組むため、それら必要経費にも金利が上乗せされてしまうからです。

 

少々高くついても、それでも毎月一定額の方が都合が良い、という人はカーリースにすべきですし、車検代や重量税はその都度自分で用意するという個人は、あえてカーリースにするメリットはありません。

 

(法人の場合は逆に、全てひっくるめて経費に計上できるカーリースは断然お得です)


カーリースを契約するまでの流れ

カーリース 契約

個人でカーリースの契約を結ぶまでの流れを、簡単に説明していきます。

 

カーリース業者によって多少の違いはあるかもしれませんが、契約までの流れとしては、おおまかに以下のようになります。

 

 

 

 

 

 

1 車を選び見積もりを出す

 

はじめに、乗りたい車を選びます。

 

リース業者には様々なメーカー、車のタイプ(軽・ミニバン・セダン・ハイブリッド車)が用意されているので、あなたが気に入った車が必ず見つかるでしょう。

 

もし見つからない、乗りたい車が無い場合でもあきらめず、リース業者に販売店と交渉してほしい、と言ってみてください。

 

カーリースのカルモなどでは、直接、自動車販売店と交渉してリストにない車も用意できるようです。

 

 

>> 車を持つならネットで割引、サポート充実、月額定額のカーリース

 

 

乗りたい車が決まったら、申し込んでみましょう。

 

 

 

2 ローン審査を受ける

 

カーリースも大きな金額を借りる事に変わりありませんから、審査があります。
ただし、金融ローンに比べると多少ゆるいそうです(リース業者の担当に確認済み)。

 

とはいえ、他社からの借り入れ額が年収の1/3を大きく超えていたり、過去に金融ローン等で事故案件を何度も起こしていたら、審査に通らない場合があるので注意してください。

 

 

 

3 リース業者から連絡

 

無事に審査が通ったら、リース業者からあなたの担当者となる方から電話連絡が来ます。

 

あなたと担当者で、最終的な契約内容の話があります。
ここで、あなたの希望(契約年数・車検を含む含まないなど)をしっかりと伝えておく作業となります。

 

不明な点などは、担当者に質問しておきましょう。

 

注意する事は、リース業者の担当者の提案の言いなりにはならないこと。

 

あくまでも、あなたの予算や希望を伝え、不明な点はしっかりとクリアにしておくことが大切ですよ。

 

 

 

4 契約書を作成

 

契約内容を十分に吟味して納得したら、契約書の作成に入ります。

 

担当者との電話連絡から数日で、あなたのお宅に契約書類が送られてくるので、内容に誤り等が無い事をしっかりと確認してください。

 

漏れのないように記入したら、同封の封筒で契約書を送り返しましょう。

 

場合によっては、この時点で車庫証明や免許証のコピーを求められるかもしれないので、それら書類は用意しておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

5 納車についての連絡

 

担当者から納車の日取りについての電話連絡があります。

 

一般的な納車方法は、自動車販売店があなたの自宅に納車に来ます。

 

したがって、あなたが自宅にいる日時を決めておく必要があります。
納車が済めば、その時点からあなたはマイカーとして車を利用できます。

 

 

 

6 その他注意すること

 

一般的には、申し込みから納車までは平均で1か月〜2か月です。

 

ただし、人気車の場合はもうちょっと納車まで日にちが延びる事もありますし、逆に車両の在庫がある場合は、1か月かからずに納車までこぎつける場合もあります。

 

なるべく早く納車されるためには、書類などは不備なく書き込み早めに提出したり、必要書類は最初に用意しておき、要望があった時にすぐに同封できる状態にしておくとよいですね。


カーリースの必要書類にはどんなものがある?

カーリース 必要書類

 

 

カーリースに必要な書類は、個人の場合は主に3種類、法人の場合は2種類あります。

 

 

 

 

 

 

個人の場合

 

 

・住民票

 

3か月以内のものを用意してください。
情報が古いものは却下となります。

 

 

・印鑑証明

 

有料ですが、カードで出せると思いますので、これも3か月以内のものを用意しておきましょう。

 

 

 

・車庫証明

 

自動車の保管について、安全に管理できる場所があるかを証明する書類で、もよりの警察署に行き、申請します。

 

直線距離で2q以内であれば車庫証明はおります。

 

 

 

 

法人の場合

 

・登記簿謄本

 

・登記事項証明書

 

 

なお、リース業者や自動車販売店によっては、他の書類などを求められることもあるかもしれません。


カーリースの審査について

カーリース 審査

 

カーリースもぶっちゃけ、毎月の支払いが発生する案件なので、金融ローンと同様に審査が必要となります。

 

ただ、お金そのものを借りる金融ローンと違い、カーリースの場合は金融ローンほど審査が厳しくはありません(これはカーリース業者の担当に聞いたので間違いないです)。

 

 

 

 

 

例えばアルバイトやパート、契約社員や派遣社員などでも、3年以上の勤務実績などがあり、過去5年〜7年以内にローン案件で事故(未払いや自己破産)がなければ通りやすいはずです。

 

ちなみに、審査なしでカーリースの契約はまずできないと思ってください。

 

 

 

カーリースの支払い方法は?

 

カーリースは、原則として銀行引き落としとなります。
クレジットカードでの支払いはできないと思っていいでしょう。

 

ただし、カーリース業者が契約しているクレジットカードであれば可能な場合もあるので確認しておいてください。

 

支払う金額が大きいので、ポイントも貯まりやすいですからね。

 

 

一部のネット銀行からは引き落としができない場合もあります。
カーリースの支払いは、住んでいる地域の第一地銀から引き落とすのが一番間違いないでしょう。


カーリースで違約金が発生するのはどんな時?

カーリース 違約金

 

 

契約時には、カーリース業者との間に契約書が結ばれますが、その契約書に書かれている事を守らなければ、後々違約金が発生しますので注意が必要です。

 

特に違約金が発生しやすい事案を、以下に羅列しておきます。

 

 

 

 

 

 

・中途解約

 

契約したはずの年数を満たさず、中途解約する場合は違約金が発生します。

 

例えば、契約当時は独身だったので2ドアスポーツタイプを5年契約でリースしたが、すぐに結婚して家族ができたので3年でやめてミニバンに乗り換えたい、といった場合。

 

子の場合、2ドアスポーツタイプに関しては残り2年分を一度に支払うよう請求されることになり、これが違約金扱いとなります。

 

一括で払って清算してしまえば、新たにミニバンの契約をしても問題はありませんが、2ドアスポーツタイプの残りローンを一緒にできるかどうかは、カーリース業者によって条件が変わってくると思われますが、一般的には違約金として一括払いが多いようです。

 

 

 

・距離制限をオーバーする

 

カーリースと特徴として、契約年数後の残価を差し引いて残りをローンで支払って借りるというスタイルになっています。

 

つまり、契約を履行した後の車は中古車として、カーリース業者が活用するわけです。

 

ご存知の通り、中古車価格に大きく影響するのが”走行距離”。

 

契約時、例えば5年契約で走行距離は7万キロ以内、と決められていたのに、10万キロ走行してしまえば違約金が発生します。

 

業者によって違いがありますが、おおよそ1キロオーバーにつき5円〜10円の違約金が発生するので、最悪の場合、1万キロオーバーで10万円の違約金となります。

 

距離制限には十分に注意を払ってください。

 

 

 

・改造行為

 

カーリースは、契約履行後には車を返却します。
その時に原状回復して返さなければなりません。

 

ヘタに改造などしてしまうと、原状回復させるのに余計なお金が必要になります。

 

例えば、原状回復すればいいと考えてローダウンサスを組んだ場合、元通りに戻して返却すれば問題はありません。

 

が、ローダウンしたせいでフロントスポイラーの下に擦り傷が入ったとか、フェンダーを傷めたなど、明らかに改造が元で起こった破損やキズに関しては、原状回復費用を求められる事もあります。

 

また、タバコやペットのニオイが染みついてしまったり、ダッシュボードに機器の接着剤跡などが残っている場合も、原状回復費用を請求されることになります。

 

できる限り、カーリースの車はそのままの状態で使い続けるのが正解です。
あくまでもマイカーではなく、”借用している車”ですから。

 

 

 

 

・大きな傷やへこみ

 

通常使用による小傷やえくぼ、ちょっとした擦り傷程度なら修理代を請求される事はありません。

 

しかし、明らかに電柱やガードレールにぶつけて大きな傷をつけたりへこみがあった場合は、その箇所の修理代を請求されます。

 

万が一、使用中にぶつけて傷やへこみを作ってしまった場合は、業者に連絡して修理してもらわなければいけませんが、その場合は自腹となります。

 

業者指定の工場での修理をすすめられますが、自分の知り合いの工場で直しても大丈夫な場合もあるので、契約書をよく読んでおいてください。


その他カーリースの車、どこまで許される?

カーリース やっていい

あくまでも、リース業者の車を借りているだけなので、購入した車(マイカー)のように自由が効くわけではありませんが、それでも可能な事はいくつかあります。

 

もちろん、契約時に確認は怠らないようにしておいてください。

 

 

 

 

 

・契約者(自分)以外に運転させてもいい?

 

大丈夫です。契約違反ではありません。

 

ただしこの場合は、自動車保険の特約で、自分以外の他人運転時による事故などにも対応できる補償をつけておけば安心です。

 

数百円の追加でオプションが付けられる場合が多いですよ。

 

 

 

・乗りたい車がないので引っ張ってきてもらえるの?

 

要相談です。
カーリース業者によっては、カタログに載ってない車を希望するお客さんのために、自動車販売店と交渉して希望の車を引っ張ってきてくれる場合が多いようです。

 

自動車販売店としても、カーリース業者に車を売った事になるわけで、特に不具合はないと思われますので、もしも「この車じゃないと乗らない」という希望があるのであれば、相談してみてください。

 

ただしカタログにない車の場合、納車までの期間が延びる可能性もあります。

 

 

 

・希望のナンバープレート番号が欲しい

 

大丈夫です。
カーリースの車でも、ナンバーの希望は3000円くらいで取れます。

 

もちろん、リースですがレンタカーのような「わ」ナンバーではなく、通常のナンバーなので、見た目はリース車とはわかりません。

 

 

 

・スタッドレスタイヤが欲しいんだけど・・・

 

契約時には夏タイヤだけど、冬場はスタッドレスタイヤが欲しい。
その場合、自分で購入したスタッドレスタイヤに替えるのはかまいません。

 

カーリース業者では、スタッドレスタイヤの購入も含めてローンを組む事もできます。
が、その場合は利息分が割高になるので、普通にタイヤ専門店で購入したほうが安くあがりますよ。


個人でカーリースをしてもいい人、ダメな人

カーリース 個人

法人のように、経費としてのメリットがない個人の場合、支払い総額が多くなるのがデメリットです。

 

しかし、個人でカーリースを利用する最大のメリットは、

 

月々の支払いが一定で済む

 

これに尽きます。

 

 

 

車検代や毎年の重量税の月に頭を悩ます事なく、毎月一定額だけを払い続けるだけで何年も車を所有できるからです。

 

 

 

個人でカーリースをするメリットがある人とは

 

・車を大切に扱う人
・改造に興味がない人
・アルバイトや派遣社員など、ボーナス月がない人
・契約年数後にはまた新型車を乗り継ぎたい人

 

 

上記に当てはまる人は、ディーラー購入するよりもマイカーリースの方が精神的に楽ができますよ。

 

 

 

マイカー賃貸カルモ